囲碁講座
これから囲碁を始めて
初段を目指す囲碁講座

なぜヤキモチをやめると碁に勝てるのか

地を与えたほうが勝ちやすい!?

囲碁界で大局観が優れているとして評価が高い小林覚九段。
その小林九段が指摘するアマの大きな弱点が「ヤキモチを焼いた手の多さ」です。
相手の陣地が大きく見えてしまい、慌てて打ち込みに走ってしまう「ヤキモチ」の手。
結果、自分の石が一方的に攻められ、形勢を悪くする大きな要因になります。
そこで本書はどういった手がヤキモチなのか、さらには、ヤキモチを焼かずに打ち進めれば、なぜ優位に立てるかを解説していきます。
「相手の陣地を一目でも減らしたい」と思うのは打ち手の当然の心理です。
しかし、本書を読めば「相手に地を与える」ことも立派な戦略であると実感していただけるでしょう。 

囲碁講座

広告 by Google AdSense